脂肪吸引でお腹が引っ込む|一瞬で効果を体感しよう

女性

筋肉が衰えてたるむ

目元

眼輪筋を鍛える

年を取ってくると目の下がたるんできます。これは目の周りの筋肉が衰えてくるためです。顔の中でも目の周りを動かすことは余りない為、たるみやすくなります。また最近ではパソコンやスマホを長時間見続ける人が多いので、目の周りに血流が悪くなり筋肉も固くなりがちです。その為昔よりもたるみが出始める年齢が低くなりました。たるみを改善するには目の周りの眼輪筋を動かして鍛えることが大切です。たるみ改善のためにマッサージも有効ですが、目の下の皮膚は薄いためやり方を間違えるとかえってたるみの原因になることがあります。特に涙袋が大きい人は若い時は目が大きく見えてチャーミングですが、年を取るとたるみやすくなるので注意が必要です。

美容整形でも取れる

目の下のたるみは美容整形で取ることもできます。涙袋に脂肪がたまって大きく垂れてきた場合には、まぶたの裏から中の脂肪を取り除くことですっきりとした目元に戻せます。顔にメスを入れずにすむので傷がつくこともなく、施術時間も30分程度です。目の下の皮膚がのびてシワが目立つ場合にはたるみ部分を切除する方法が有効です。余分な皮膚を取り除いてまつげの生え際で縫い合わせるので、傷が目立つこともなくきれいな目元になれます。どちらの方法も効果がずっと続くので、以後目の下のたるみで悩まなくても良くなります。手術後すぐには付けまつげなどすることはできませんが、肌の状態が安定すればまつげエクステンションなどのアイメイクもすることができるようになります。